スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 近所の小河川、ルアーで1時間の職漁師・・僕もカワセミみたいに

近所の小河川、ルアーで1時間の職漁師・・僕もカワセミみたいに

(前記事のつづきです)


コイ釣りがひと段落し、翌日の夕方、2カ月ぶりに近所の小河川に行きました。


目的は職漁。


1年に1回だけ、5~6匹リミットで、この川の魚を食べるのです。


職漁なら勝負の早い金属ルアーで、大場所をランガン。


プロではないので、道具はスピンキャストリールとグラスロッド。


仕事を終えてから4か所を回りました。




1か所で数投するだけ。


僕もカワセミみたいに一撃で勝負を付けるのです。


ルアーへのチビニジマスのチェイスから、棲息する魚の数やサイズもチェック。


そして、各場所で、1匹づつ抜いていきました。




暗くなったので終了。





翌朝、下流部の大場所に直行。


台風後で水量も豊富です。


探りを入れると、増水した川の、草むらがかぶさっているか側から、この川では良型といえる28㎝をヒット。





これで5本目。


職漁は正味1時間で終漁です。


次回は2カ月後。紅葉の時期に棲息調査を兼ねて釣りに行きましょう。


次は、釣れてもリリースですけどね。


帰り道、何を作ろうか・・、釣り上げた魚のレシピを思い付きましたよ。



(料理は次の記事で)



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:待ってました

>咲いたマンさん
大変長らくお待たせしました(笑)
料理は写真で難儀しまして、次の記事になります。
ニジマスの生殖巣はペッちゃんこ。
胃袋はパンパンでした。

1匹、銀毛がかった魚もいましたよ。
これは味もサケっぽく、他の魚と違いましたね。

1. 待ってました

なみ平さん、こんにちは。

天然ニジマスの食味レポート、待ち遠しかったです(笑。
生殖巣はどんな具合でしょう。
在来の鱒と違って、今はやっぱりぺったんこでしょうか。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる