スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 悲願達成!アナゴへの道のりは・・ドヤ、ドヤ、ドヤ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲願達成!アナゴへの道のりは・・ドヤ、ドヤ、ドヤ

6月に立てた目標、7つの釣法は全てクリアーしましたが、不完全燃焼だったのは、2種目。



マダイムーチング竿と小型両軸リールでのちょい投げ釣りと、サーフでルアーフィッシングでした。


前者は、6月7日から始め、17日にナイスサイズのイシカレイでクリアー、その後、タカノハカレイ、ソウハチカレイ、メバル。これもナイスサイズ。


本命のアナゴはボウズ続き。






でもって、手慰みにルアータックルを1セットだけ持っていき、ソイを1匹釣りあげたら、横になって居眠しながら、アナゴのアタリを何日も待ち続けました。



ソイは専門にやればかなり釣れるんでしょうけど、僕は、ソイ釣りアングラーが帰ってから、おこぼれをもらう程度。



でも、このところナイスサイズのソイが釣れていました。



こちらでは、メバルを“ガヤ”と呼ぶことがあります。



ガヤガヤうるさい位釣れた時代があったころの名前だそうです。


ところよっては、確かに今でも、秋にサビキ仕掛けで船釣りをするとガヤガヤと小型が釣れます。



ならば、ソイは“ドヤ”。



メバルより、“良い姿”ですから“ドヤ”、おいらはソイ”やど”。・・みたいな・・・。




先週は3日連続でドヤ、ドヤ、ドヤ。







潜った海藻の中から、ぶっこ抜き。






ここで数カ月ノーメンテで使ってきた赤いアンバサダーのクラッチが戻らなくなります。


良く見ると、クラッチボタン周辺に塩が固着。まあ、自動車と同じで、こんなもんですよ、オートリターンクラッチは・・・。


クラッチボタンには海水が染み込みやすいですから。クロソイはまだ続きましたが、キリが無いので記事ではこのくらいにして・・・、。


以降の夜は、ルアーのセットの持ち込みを止めたら、


こんどはツブ貝でドヤが”二夜”。


これは、投げ仕掛けのハリを飲んでいました。






プチ遠征すると、シマソイでドヤ。なぜかスピニングで。






万事窮す?・・・いいえ、昨夜、アナゴを釣り上げました。


今年、アナゴ狙いを始めてから、なんと、40日経ちましたけどね。。



ただし、50㎝の小型。天ぷらサイズ。





北国では希少なアナゴとはいえ、これでは、ドヤ顔はできませんけど、


残した宿題を終えて肩の荷を下ろした感じです。




これからは、かば焼きサイズをエキシビジョンのモードで、


“できれば”釣り上げてみたいですね。









関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

2. Re:小型?

>豆ライダーさん

ありがとうございます。

マアナゴの数は”とても”少ないですが、大きい魚が・・”たまに・・”釣れます。
65㎝前後でナイス、75㎝前後で大型ですね。
始めから”ボウズ覚悟”の釣りですけど。

関東、関西みたいに、50㎝前後でも数釣りできたら、最高ですけどね。

1. 小型?

こんにちは

悲願の穴子 おめでとうございます

北の穴子は 一味も二味も違いそうですね

50で小型とは こっちではいいサイズです
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる