スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 2014年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月最終日・・・軽~く エキシビジョンマッチで

5月最終日、用事で早朝からロングドライブ。


順調に用務を終えて帰宅したのは17時少し前。


疲れ果てていましたけど、夕焼けの18時頃、凪で温かいホームグラウンドにちょこっと様子見。




エサは残りモノのサンマ切り身。




この日、終日やっていたアングラーはカレイが爆釣り状態。


先日釣り上げたカレイは知人に進呈したので、僕は、お造り用が欲しいところです。


投げ込んでからは、夕陽を見ながら、休養モードです。


難なく、お造り用、35センチのイシカレイを釣り上げて終了。





ポンコチマスク、黄色い竿の“Mr.珍”、軽~い エキシビジョンマッチでしたよ。


ミッチェル402・・、君は美しくも、強い。

スポンサーサイト

(最終章)北国の海の季節変わり・・ヒールアングラーはヒールフィッシュを“ぶっこ抜き”

いよいよ最終章。


期待せず、もったりとお読みください。


大きなソイが岸寄りしていても、大物は時の運。


投げ釣りも同じ。


地元の常連投げ釣り氏達は、“今年のカレイは、数も型も良くない”と言ってます。


投げのカレイも、ルアーのソイも延々と小魚を釣っているうちに大物が当たるだろうという釣りは、魚を獲るには一理ありますが、僕の趣味じゃありません。




だからカレイ釣りでもサンマパッチン、ソイのルアーは大きめで、やってます。


さて、ルアーでのソイを見切って、再び投げ釣り。


覆面毒舌ヒール系、ポンコチ・アングラー、“Mr.珍”でルチャリブレのリングに上がります。


仕事を終えて、日没直前の60分バトルロイヤル。


この日は、試合開始から飛ばしました。あっ、飛距離じゃないアルよ。


遠投すればするほど、“釣り味”が薄れて、“はえ縄漁”になるアルからね。


接近した魚の“急所、脳天”に直撃するアルよ。



飛ばしたのはこれ。


まずは、直ぐに、中型マガレイ。





続いて、来ました。中型マガレイと良型イシカレイ38㎝。ダブル。


ヨンマルじゃないけど、まあいいか。


アンドレ・ザ・ジャイアントの足サイズだし・・。




更に小型イシカレイ。


今度は、ババガレイ(ナメタ)じゃなくて、真ガレイ33㎝。ジャイアント馬場の足サイズ。







これは美味しそう!!




準備したエサはサンマの切り身、わずか片身だけなので、もうエサ切れになります。


そして、暗くなって終了間際。



トドメは・・・、出ました!! 




巨大ギンポ“ナガヅカ”、やや中型43㎝(笑)。





こいつは、背ビレの骨、全てにトゲを持っていて、投げ釣りアングラーからの嫌われ者。





ヒール中のヒール。


仕掛けに絡みつくと手に負えません。


釣り上げてから、僕は、この魚と激しく格闘。


最後は、ナイフと調理ハサミで頭と内臓を取り出します。


白く大きな毒のタマゴが熟していました。これはポイ。


でも身は、天ぷらネタには超最高だし、お造りなら“全身エンガワ”ですがら。


釣りたかったんですよ。僕には嬉しい今期初の1匹じゃなくて“1本”。




ヒール系ポンコチアングラー“Mr.珍”には、ヒール・フィッシュ“巨大ギンポ”ナガヅカのぶっこ抜きがお似合い。


投げ釣りで、今期の初ヨンマルは、カレイじゃなくて、“ナガヅカ”を仕留めて、かろうじて1本勝ちという、脱力系で渋くも嬉しい結果となりました。


今回のエサ代?・・冷凍サンマ“半分”と塩“少々”で50円位かなぁ・・・。


投げ釣り春の陣・・、今春はこれで決着といたしましょう。


卵胎生のメバルのお産も始まりました。


初夏、海の食物連鎖に変化が起こり何かが始まるでしょう。


“肩すかしの”チープなポンコチ記事を、最後まで読んでくれてありがとう。





タカノハカレイの南蛮漬け・・これってカレイ?



先週に連日ヒットしたタカノハカレイは“全~部、南蛮漬け”になりました。

(マガレイも1枚使っています。)


一見、普通の南蛮漬け。





でも、裏側を見ると、完熟バナナ、パイナップル、マンゴーの唐揚げみたいに鮮やかな黄色。



味は?


美味しいマガレイは、白身で、さっぱりしたカレイらしい味。


タカノハカレイは、これってカレイ?・・みたいな濃い味。


脂が乗っているからなんですね。


タカノハカレイは、幻の希少なカレイですから、普通は“お造り+アラ汁”か“煮付け”が定番。


なので、“唐揚げ”を作るということは、あまりできません。


南蛮漬けは魚の数に余裕のある時に作る、保存性の良い常備菜ですけど、


今回は希少な”非常備菜”、いや、華麗な”非常美菜”になりました。


最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる