スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 2013年04月

3連休最後の夜 ジグヘッドでソイ・メバル祭り

3連休の2日目と3日目は強風でした。


2日目の釣りは無理。


3日目の午後、16時過ぎに出撃・・・。


とはいえ、サーフで投練です。


1本置き竿、もう1本で投練をしました。


そろそろ遠投スピニングではなくオールドスピニングや両軸リールの出番です。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


18時過ぎ、いつものような「すぐ帰宅」を止めて、ソイ・メバル場に直行しました。


イーグルクロウのグラファイト素材、8.5ftベイトロッド、ミディアム・アクションを初めて使います。


表示は7g~21gとソイにはやや堅めですが、大きな魚をブリ抜くパワーはあります。


初めての釣り場で、今期、初めてのジグヘッドのスピンキャスト。


直ぐにアタリがありますが、初めは上手くフッキング出来ませんでした。


いつものグラス竿とは感触が違います。


それでも時合いになってからは、ビシバシ釣りました。


メバルの大型も。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



ソイのまずまずの型も釣れました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


下の写真は、途中経過です。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


つまり・・・お祭りだったのです。


いつものグラス竿と違い、カーボン素材の竿のキャスト能力や軽さには、なるほどと思いました。


でも、アタリの取りやすさはグラスがまさるかも・・。


昨年設定した自己ルールも適用が必要になる釣りができました。


どうせ釣るなら、ジグヘッドのワンパターンではなく、面白い釣法をいろいろ試しながらやりたい。


スプーンリグも、スピナーベイトも、電気浮子も、大ハリ大エサのブッコミも・・・。


そして・・・・・、


もう少し暖かくなったら、メバルはフライでもトライしてみたいと思いました。


スポンサーサイト

カレイのミイラ?・・・いや寒干しです

2ヶ月ほど前に購入した小型アカカレイの寒干し。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


アカカレイは北国のカレイで、お造りはヒラメと同じ位美味しい魚です。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

(こちらのサイトから写真の一部を引用。通販で鮮魚も購入できるようです。)
日本産直市場
http://www.san-choku.net/MagaPro/20070118.html


口が大きく、しかも柔らかい魚です。


以前、40㎝越えの大物を水面で取り逃がしたことがあります。


購入時点では、少し生っぽかったので、そのまま冷蔵庫に放置していたら、見事にカラカラになりました。


そのまま、ちぎって、日本酒と一緒に!


アブラがにじんで、美味しい!!


少し焙ってっもOK。


そこに熱燗を注いでもOK。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



アカカレイは陸っぱりでは釣れない魚ですが、煮魚としても、かなりのモノです。


これはヒラメ以上。


寒干しはタラやスケトウタラ、コマイなどのタラ類、サケなどがあります。


タラ類はアブラっ気なし、サケはアブラが滲みます。


どちらも美味しいですが、上品なアブラの乗りではアカカレイにかないません。


ベイヘッド Penn 創業初期の両軸リール  1936~1938年

写真はペン ベイヘッド Penn bay Head


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

濃いチョコレート色のベークライト樹脂.。重量、約470g。.


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


スプールの形状は85シーボーイと同じ・・ひょっとすると・・・??

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales 



このリールは1936~1938年頃、ごく僅かの期間製造されたレアモデル。


85シーボーイと一緒に並べてみました。

プレートのサイズはPenn85シーボーイと同じですが、スプール幅は1/2インチほど広くなっています。


写真をクリックすると、大きい画像が見えます。


ハンドルつまみは別として、あとは同じメカです。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

少し幅広で、リールフットは初期のかたち

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



スプール幅は2~3種あったようで、写真のモノはリールフットに300ydsと表示されていて、恐らく最大。


リールフットの底にあるラインキャパの表示は初期モデルの証だそうです。

リールフットの形が旧式で角張っています。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales



サイドプレートのレリーフもお洒落。・・・これも創業初期の証。


桟橋でアングラーが投げ釣りをしています。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

木製ハンドル。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales 


ハンドルの中はこんな感じ。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


Penn創業初期のリールのハンドルは、セネターなどの大型も、同じ形状の木製ハンドルでした。


その後、Penn独特の魚雷型で木製のハンドルになって、更にベークライト樹脂に変わっていきました。


この木製ハンドルは、通常の魚雷型より力が入りにくいという先入観念を持っていましたが、・・・・

握ってみると暖かい木のぬくもりが感じられて、気に入ってしまいました。


ペン創業初期の資料によると、3つの仕様の両軸リールが製造されていたようです。

3つの仕様とは・・こういう仕様


①:クリッカーのみ、ダイレクトドライブモデル
  シーホーク、シーサイド、ニューポート、No.14アトランティック


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


②:クリッカー+スプールフリークラッチ+スタードラグなし
  シーフォード、オーシャンサイド


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


③:クリッカー+スプールフリークラッチ+スタードラグ付き
  ベイヘッド、コロナド、ブリッジシティー、ロングビーチ、セネター



(詳しい資料はこちらのサイトにて)

The history of Penn Fishing Reels
(英文)

http://stripers247.com/historyofpennreels.htm
(日本語 Google 翻訳)
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://stripers247.com/historyofpennreels.htm&prev=/search%3Fq%3DPenn%2Breel%2Batlantic%2Bhistory%26hl%3Dja%26rlz%3D1R2ADFA_jaJP391%26biw%3D965%26bih%3D871&sa=X&ei=JoxfUf7HK8z9rAeApoE4&ved=0CDgQ7gEwAQ 


他には・・・

Old Penn Reels - Stripers Online
http://www.stripersonline.com/t/493084/old-penn-reels 



Penn創業初期、ベイヘッドの他にも、幾つかの機種がありましたが、現存する個体も少なく、収集家には垂涎のリールなようです。


ようやく手にした、ベイヘッド・・・、僕も大切にしていきたいと思います。


最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる