スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 2013年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙の告白・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なみ平 愛竿を折りました

2月は毎日強い季節風、吹雪き、低温の日々でした。


例年にない気象で、魚も釣れなくなっています。


先日、車の中の片づけをしていていたときのことです。


車の中に置いていたフライ竿を、フロントドアをあけてシートに立て掛けたとたん強風が吹き付けて、ドアが閉まりました。


メキッ!!!という鈍い音と共にフライ竿のバットが折れました。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales 



昨年来、スプーンリグで実績を上げてきた黄色いグラスのフライ竿です。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

でもティップは守られました。


そのうちアウトレット品でも探して、バットを補充しようと思います。


それが叶えば、ツーティップのフライ竿になりますから。


ティップを折って、ツーバットになるより、はるかにましです。


ポリアンナのように良かった探しですね。


それとも植木等のように 明る~く元気~に・・・かな。


グリップは別のフライ竿の改造に使いますかね。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


スポンサーサイト

(続) 厳寒の2月 最終の休日 万事休すか!

つづきです

翌日曜日、午後になって一時的に雪が止み無風になったので、すかさず出撃。


今回は直近の場所です。


遠投を1セット、イカワタドボンを2セット。

アトランティックな夜 Atlantic Night Tales 



遠くに雪雲が見えます。それまでの勝負。



アトランティックな夜 Atlantic Night Tales 


1時間後、予想通り、再び吹雪になりました。



アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

ロッドを置いたまま、80mほど離れた車に避難。


30分後に巻き上げてみるとやはりサワリもありません。


そのまま撤収して、歩いて移動。


海ウが泳ぐ港内です。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


再セットを終えてから車を移動しました。


やはりサワリすらありません。


早々に見切って、鮮魚店に直行しました。


今は遡上を控えた銀ピカのサクラマスが捕れているからです。


40㎝強で体高のある個体を見つけて購入。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales 



あと35㎝位のオイランカレイの干物も1枚。


アトランティックな夜 Atlantic Night Tales 



帰宅して、即、干物の焼き物で熱燗。


休日、自宅でウジウジ過ごして飲むのと違いますから・・・・・最高です。


サクラマスは翌日、三枚におろしてからムニエル。レモン汁の入ったバターソースで頂きました。これも最高。


サケマス類ではピカ一です。


2月は残すところあと数日。


いよいよ土壇場です。


海岸では、この1週間の間、遅れていた海草類の繁茂が始まりました。


もうすぐ魚も戻ってくるでしょう。


岡っ張りは、自然には逆らえませんから、だめな時はそういうものだと納得するしかありません。


釣れなくても不満はないのです。

Pennスクイダー140 squidderというネーミングの謎解き


このところ、一部の釣りブログでオールド両軸リールの投げ釣りが盛り上がっています。

僕もその一人ですが、でも僕は初心者。

ベテランの凄いロングキャスターがいらっしゃいます。

ペン スクイダーでの投てき動画です。
竿はグラスのアマゾン13を12フィートに詰めて、多点ガイドを取り付けています。
$アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


動画とブログ記事はこちら
Angler's Life ~浮かべ釣道~
オールドグラスロッド再生x計画 ~オリムピック・アマゾン13~
http://fishbone.naturum.ne.jp/e1587391.html

Casting Practice / Japan Old Surf Rod / Amazon13 .



スクイダーは1938年から2006年まで製造されたロングセラーです。
ボールベアリング搭載されたサーフマスターですが、風切り羽の形をしたバックラッシュ防止ブレーキがスプールについています。
このリールは日本では石鯛釣師が主に使っていたようですね。

ところが、このリールは元々はサーフキャスティング用、しかも60g位の軽い仕掛け
tinsquid ティンスキッドを投げるために作られたリールなのだそうです。

では tinsquid ティンスキッドとはどの様なものかというと・・
これです!
アトランティックな夜 Atlantic Night Tales


そしてベイトを付けた状態はこれです!
$アトランティックな夜 Atlantic Night Tales

イトウ釣りのルアーみたいですね。


今でも、サーフで大きいストライパー釣りが行われているようですよ。

ベアリングの数=遠投ではないんですね。

目からウロコでした。

でもどうして60g程度のリグを投げるのにこんな大きいリールを使うのでしょうか。
きっと魚が大きいのでしょうね。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる