スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 2012年04月

日本海へ! 2時間チョイ投げ紀行(後編)

アトランティックな夜 アトランティックな夜


続きです。


両軸リールの投げ竿2本とスピンキャストリールとオフセットロッドをセットしました。


両軸リールは中距離投げをしましたが、着底に時間がかかり結構水深があります。


初めのアタリは両軸リールの竿。

アトランティックな夜 

35㎝級のクロカシラカレイです。まあまあのサイズに満足。


完全に日が沈み暗くなってから、小型のアイナメとカレイ、メバルが1匹づつ釣れました。


針を飲んでいないので、即リリース。


その後、スピンキャストリールの竿に初ヒット。

アトランティックな夜 

ハンドルが重くて巻けないので、ポンピングで寄せます。


取り込みにはちょっと難儀しましたが、なんとか抜きあげることができました。


37㎝の良型のホッケです。捕食のために回遊してきた個体です。


浮釣りのコマセに寄る小型の個体とは魚体の色が違います。美味しそう!


2時間タイムアップ寸前に両軸リールの竿に激しいアタリ。


かなり引きます。


抜き上げてみると、35㎝オーバーのアイナメ。


これで終了!

アトランティックな夜 


2時間の結果・・・4魚種、6匹


カレイ大小2枚、アイナメ大小2匹、小型メバル1匹、ホッケ大1匹。


用足しでロングドライブのついでの・・、寄り道のチョイと投げ釣りとしては大満足の結果。


急いで片づけて、目的地へのドライブを再開。


初めて走る道ですが・・スピードは控えめで、23時過ぎに無事到着しました。


翌日はクロカシラカレイのお造りを頂きました。


コリコリとしてサッパリした味のたイシカレイとは違って・・

まったりした甘さのある味。


アトランティックな夜 


両軸リールでの投げ釣り、スピンキャストリールでのちょい投げ釣りは、本当に面白い!


投げて良し、釣って良し。


(おわり)

スポンサーサイト

日本海へ! 2時間チョイ投げ紀行(前編)




アトランティックな夜 アトランティックな夜

アトランティックな夜 アトランティックな夜

ゴールデンウィークですが、前半の連休は事情があって釣り三昧とはいきません。

「用足し」のためにロングドライブです。

未明から出発すれば、午前中は途中でたっぷり釣りができるのですが、仕事疲れのため午前中は休養し、午後から出発しました。

目的地に向かう途中、日本海側にちょっと寄り道です。

10年前に2回ほど行ったことがある地磯です。

この地磯は遠投しなくても海底のゴロタ石をかわせるので、人気の場所です。

かつてその場所で、両軸リールの投げ釣りをしてみたいとの考えがわき出た思い出の釣り場です。

夕方、到着してみると、なんと網が仕掛けられていました。遠投はできません。

先客の方も諦め顔でちょい投げをしていました。

僕はその場所を見切り、本来の(用足しの)目的地に向かいました。

今回は漁港内では釣りをするつもりはありませんでしたが、途中、眺めの良い小漁港があり立ち寄り情報収集です。

地元の方が防波堤の先端で投げ釣りと浮子釣りをしていました。

今年は昨年の大雪で水温が低くてホッケの岸寄りが少ないとのことでした。

また今日の日中はべたナギで、魚の活性が低かったそうです。

夜になると餌を食べに大型のホッケが回遊してくるとのことでが、今年は回遊が少ないと仰っていました。

暫く見学していましたら、浮子釣りの方が大きな魚を釣り上げました。

45㎝級のウグイです。

投げ釣りの方は中型のホッケとカレイを持っていました。

日が傾き夕暮れ時になりました。

目的地への到着が遅くなるので迷いましたが、僕も2時間位、釣りをしてみることにしました。

夜釣りですがスピニングは持っていません。


今回は迷いを振り切るために両軸リール2台とスピンキャスト1台のみを積んできました。

2時間3本勝負です。(つづく)

これは凄い 富士工業の超オールドリール




アトランティックな夜 アトランティックな夜


先週、古道具屋に行ったとき発見した、富士工業の超オールドリールです。


2枚目の写真に富士工業のロゴマークが見えます。


富士工業は、1938年静岡で創業した、現在では世界一のロッドガイドとリールシートのメーカーですね。


冨士工業のリールといえば、樹脂製のタイコリールが知られていますが、・・・


写真のリールは樹脂製になる前の金属製です。初めて見ました。


直径12㎝くらいの横転タイコリールでした。


創業当時の昭和10年代~30年代初頭の製品と思われます。
(昭和30年代後期には樹脂製リールだったようですから・・)


古道具屋というのは、遺品などの片づけ屋で、商品の価格はめちゃめちゃです。


特に釣り具は、中古釣り具店ではあり得ないような異常な高価格になっていることがあります。


このリールもそうです。


別の店の店員さんも、うちの店は高すぎると仰っていました。


でも写真をパチリ・・・出会えたことに満足しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる