スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ オーシャン・スピンキャスター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期初サーモンはアブマチック290でキャッチ

秋のサケ釣りを始めました。

9月第3土曜日の午前中、投げ釣りや秋のサーモン釣りをやるホームグラウンドに数カ月ぶりに偵察に行ってみたらサケが2匹泳いでいました。

家の用事を終わらせてから夕方に行ってみると、強風に変わっていて、魚の気配はなくキャスト練習モード。でも、スプーンのぶん投げは気持良い。

これこそオーシャンスピンキャスター。

DSCN2523 - コピー

ところが・・・・、

明日こそはと思ったのもつかの間、翌日、日曜日に目が覚めたらギックリ腰になっていて、万事窮す。

ようやく回復してきた9月最後の日曜日の朝、スピンキャストのセットで初ヒットしました。

激しいファイトでもアブマチック290は戦えます。

DSCN2538 - コピー

獲ったのは73㎝のオス、4年魚。

光の加減でブナ鮭のように見えますが、身は赤く、脂もしっかり乗っていました。

DSCN2537 - コピー

次の魚は赤いアンバサダー6000と本物のアトランティック竿で釣りたいなぁ。

スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

今年も大トリはABUMATICでアブラメ

なにかとあわただしい師走。

海は10日ほどシケが続き、23日の祝日に久々のナギ。

この時を待っていました。

夕マズメのアイナメねらいで出撃。

干潮で潮回りは最悪ですけど、今年最後の出撃チャンスになるかもしれません。

釣り場ではエサ釣りアングラーが何人も来ていて、様子を聞くと、先週まで釣れていたのに、今日は全くアタリが無いとのこと。

少し離れた風アタリの強い場所で開始。

IMG_0433 - コピー

本当にアタリがありません。

途中、小雨が降り出して、残ったのは僕一人。

僕も一時、車の近くまで戻り、帰りかけましたが、直ぐに小降りになったので再開。

この後、4時間も粘りました。

今年はまだ積雪がゼロ。冷たくない微風の中、釣り場は僕一人ですから。

暗くなってからはソイ・メバルのはずが、メバルの気配もなく、チビソイが続きました。

IMG_0438 - コピー

リリースしながら、ギリギリのキープサイズをポツポツ。

IMG_0439 - コピー

延々と6時間、21時過ぎに、これまた、コツンと小さいアタリ。

合わせると引きを感じました。

最後はブッコ抜き。37㎝のアイナメ。

IMG_0443 - コピー

今年も大トリはABUMATICでアブラメ。

これで良しとしましょう。粘った甲斐がありました。

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

1月最後の日曜日 奇跡のナギで出撃

1月の2週目と3週目は強風でシケ、しかも雪。 

暖冬傾向なので、しかたありません。、

2週目の3連休、夕方の投げ釣りはこんな空。



2投で撤収。アタリ無し。



直ぐに雪まみれです。



翌日、ショートロッドの釣りも30分で撤収。



3週目は釣りはおろか、外出すらしませんでした。

それでも、魚のスモークを使った男の料理で、結構、充実。

さて、1月最後の日曜日。

前日の土曜日夕方から風が収まり奇跡のナギ、そして晴れ。

日曜日の午後から出撃。
(翌、月曜日から天気が崩れる前の疑似好天なんですね。)

とはいっても、1月中旬からは、海は冬モード。

水温も下がるし、海水も透明度を増します。

釣り場は水深5m以上あるのに、晴れた日中は海底が丸見え。

つまり厳しい状況。

こうなると3月上旬位まで、何も釣れなくなるんです。

冬アイナメのラストチャンス。

予想通り、15時からソフトルアーを投げるも、全くアタリなし。



今年の1月は訳あって夜釣りが出来ないのですが、日没から1時間ほど粘りメバルを狙います。

日没時が満潮、潮止まりなので、本当は2時間もすれば時合いで釣れるはず。



ナイスサイズのメバル3匹を釣り上げて、急いで帰宅しました。



かろうじて、ボウズ逃れ。

釣りが出来ただけで十分。

時合いへの未練はありません。

釣り上げたメバルは、あるレシピを試作する食材になります。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる