スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 映画に見るフィッシング

映画 “沙漠でサーモンフィッシングを”に見るスネークロールキャスト

映画“沙漠でサーモンフィッシングを”

国内では2012年12月に公開されたらしい。

僕は、昨年末にTVのCMで知り、早速、通販でDVDを購入したものの、そのまま放り投げたままでした。

B級の予感がしたのと、“やかまし村の子供たち”を先に観ていたのでね。

ところが、監督が、スウェーデン出身の、ラッセ・ハルストレムだと分かって、観ることにした。

「やかまし村の子供たち(1986年)」や「シッピング・ニュース (2001年)」の監督だったのです。
(どちらも、僕のブログで紹介している映画。“やかまし村”はスウェーデンの景色と子供たち。“シッピング・ニュース”は北大西洋ニューファンドランド島の景色が素晴らしいし、釣りシーンもあるし、ストーリーは深くて良いのです。)



原題:Salmon Fishing in the Yemen (2011年、英国、108分)

英国スコットランドでのサーモン釣り、フライフィッシングのシーン
http://youtu.be/hQLhbBnCgRQ
Salmon Fishing In The Yemen Official Trailer HD 2011


英語のトレイラー
http://youtu.be/JSYuTFK8Eas
Salmon Fishing in the Yemen Trailer 2 HD


============
退屈な毎日を送る冴えない水産学者が、イエメンの砂漠で鮭釣りがしたいという大富豪の夢物語に巻き込まれたことで、思いがけず人生に輝きを取り戻していく姿を描いた感動のヒューマン・コメディ。英国のベストセラー『イエメンで鮭釣りを』を基に、奇想天外なプロジェクトの行方を、彼を取り巻く恋と友情の人間模様に政治風刺を織り込みつつユーモア溢れるタッチで綴る。(allcinemaより一部引用)
============

『砂漠でサーモン・フィッシング』:公式サイト
日本語の予告編はこちらでどうぞ。
   ↓
http://salmon.gaga.ne.jp/

観終えた感想。

お約束の結末がわかりそうな、B級映画ですけど、ハッピーエンドのラブコメディーで楽しかったな。

重たいテーマのストーリーではありません。

人々のためになることを信じて信念を貫く3人の友情と、愛情。

アラブの大富豪(首長)を暗殺しようとする処を、ダブルハンド・サーモンフライロッドのスネークロールキャストで・・というシーンや、英国伝統のサーモンウェットフライを作るシーンとか、良かったね。
アラブの大富豪は釣りの本質を理解しているしね。

ただ、映画の前段での軽いHシーンがある。
商業映画のお約束とはいえ、ファミリーでは観ることができないな。
映画のテーマがテーマだっただけに、”これ”がなければよかったのにと思う。

あと、ヨリを戻すという展開の方がよかったのに・・・やっぱりB級の宿命かなぁ。

僕のブログ記事カテゴリ「映画に見るフィッシング」では釣りが主題の映画は扱わないのが基本ですけど、この映画だけは特例で紹介しました。

(関連記事・・予告編の動画もリンクしています)
============
映画 シッピング・ニュース に見る 北大西洋のフィッシング

映画“やかまし村の子どもたち”に見るスウェーデンの暮らしと手作りの釣竿
=========== 
スポンサーサイト

映画“やかまし村の子どもたち”に見る スウェーデンの暮らしと手作りの釣竿

“やかまし村の子どもたち”は1987年に公開されたスウェーデンの実写映画。
(アニメではありません)





原題:Alla vi barn i Bullerbyn
英題:The Children of Noisy Village

スウェーデン語で
Barnは“子供”、Allaは“all(全部)”、viは数字の”6 ”

iは”in”(←たぶん)

Bullerbyn はスウェーデンの地名、Bullerは”ノイズ(騒音)”、bynは"村"

で、”やかまし村(6人)の子どもたち”

スウェーデンの自然豊かな田舎にある3世帯しかない村に住む子どもたちの、日々の生活を描いた映画。実際にBullerbynという村は存在していて、今でも3軒の家は残っているそうです。

原作は、“長くつしたのピッピ”で知られる児童文学者”リンドグレーン”。
(”やかまし村”シリーズの翻訳本は岩波少年文庫で、絵本はポプラ社から出版されています。)

そして映画。



リンドグレーンが自ら脚本を手掛け、スウェーデンの映画監督ラッセ・ハルストレム(Lasse Hallström)によって制作されました。
(ラッセ・ハルストレムは”ギルバート・グレイプ”とか”サイダー・ハウス・ルール”などの良作も手がけています。)

映画では短編の原作からエピソードを綴っています。

<allcinema>より引用
==============
 「長くつしたのピッピ」シリーズの原作者であるリンドグレーンが自らの作品を脚本化し、「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」で子供の心情を見事に描き出したハルストレムが監督した心暖まるほのぼのムービー。
 スウェーデンの豊かな自然に囲まれた、わずか3軒の家しかない“やかまし村”に住む6人の子供たち。
 そんな彼らの夏休み中の日常を美しい自然をバックに綴った作品で、これと言ったストーリーもなく大きな出来事もない。
 だが彼らののびのびとしたその暮らしの中でのユーモラスなエピソードが実に“温かい視線”で描かれ、その積み重ねがノスタルジックな雰囲気を醸し出していて観る者全てをやさしい気分にさせてくれる作品に仕上がっている。
 背景となる自然も絵画を思わせるような美しさで素晴らしい。ビデオ発売のみだったが、2000年になって初めて劇場公開された。
===============

スウェーデンの自然、子供たちの釣りシーン、遊びころげる姿、家族総出のザリガニ採り・・見どころ満載、癒しの映画です。

全て見どころですけど、釣りは9~11分、ザリガニ捕りは終盤 。

釣りシーン・・手作りの釣り竿で魚をぶっこ抜き     ↓宙を舞う魚はこのあたり


釣りシーン・・魚はコイ科?


ザリガニ捕りのシーン・・スウェーデンでは8月が解禁。茹でて食べるそうです。


お急ぎの方は予告篇をどうぞ・・釣りシーンも少しあります。
 ↓
『やかまし村の子どもたち』 予告篇

フルバージョン、1時間25分ほど・・お時間のある方は、削除される前にどうぞ
 ↓
Astrid Lindgren - Alla vi barn i Bullerbyn (the whole movie)


この映画は、先月、妻の誕生プレゼントで“成人した末娘”が送ってくれたDVDで観たのです。

シリーズになっていて3本セットでした。


彼女が子供の頃、家族でキャンプに行って、小船の上で手遊びしながらレクトローリングをしたものです・・・。

よく育ち、フェアレディーになりました・・・(しみじみ)。



嗚呼!映画が観たい・・Monica Z ストックホルムでワルツを Waltz for Debby

久々に新作映画が観たくなった。

音楽系のスウェーデン映画です。

僕がベストと思う音楽系映画は、「真夏の夜のジャズ」は別格として、

”実在ミュージシャンがモデルの映画”なら、数年前の“ドリームガールズ”、はるか前の“ラウンドミッドナイト”、大昔の“5つの銅貨”がベスト3.

レイチャールズ、コールポーター、ベニーグッドマン、グレンミラー、エッタジェイムス、ティナターナ、ジャニスジョップリン、ジョニーキャッシュ、などの映画もグッドですけどね。

今回の作品は僕自身のベスト3を塗り変えるような予感。
それが、Monica Z (Waltz for Monica) 邦題:“ストックホルムでワルツを”。

 

スウェーデンの国民的な歌手、モニカ・ゼタールンド Monica Zetterlund の半生を描いています。

モニカ・ゼタールンドといえば、ビル・エバンス(P)との共演レコード、“ワルツ・フォー・デヴィー”。

ビルが作曲した同曲のタイトルで彼女の歌唱が収録されているレコードなど、日本でも“そのスジ”には有名過ぎるジャズ系歌手。

 

ワルツ・フォー・デヴィーを英語ではなく母国語で歌って、モニカのワルツ“ Monicas Vals “という曲名でヒットしたそうです。

ビル・エバンス・トリオとモニカが共演したスウェーデンのTV番組(1965年)がYOUTUBEにアップされています。
 ↓
Monica Zetterlund with Bill Evans Trio "Waltz for Debby"
http://youtu.be/Oo2k6liyPQU


この動画を見ていたら、JAZZ好き“タモリ”のオールバックって、ビルエバンスのパクリかもしれないと直感(笑)。

もう1本ありました。晩年のモニカも映っています。

Monica Zetterlund - Monicas Vals


Waltz for Debby と Monicas Vals 歌詞の和訳(僕のテキトー訳は省略)
こちらのサイトで、どちらも紹介されていました。

http://homepage2.nifty.com/jazzsong/Song154.html

映画館のロードショウ興行は1月一杯までみたい・・上映している映画館ははるか遠くの処。
日帰りでも、往復すれば“万”はかかります。

釣り好きには堪らない田舎暮らしには、こういう時がタマにあるんです。

とりあえずトレイラーで我慢。DVDが出るまで、待ちましょう。

スウェーデンのジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドの伝記ドラマ!映画『ストックホルムでワルツを』予告編


Monica Z (Waltz for Monica) Official Trailer 2014 [HD]


その日のために、マイルームにセットしてあるスクリーンを、居間でも見れるようにオーディオ機器もセットしておきましょう。

記事カテゴリは“映画に見るフィッシング”ですけど、僕が釣れました(笑)

仕方ないから・・・・、手持ちの旧作でも観るか・・・。

==============
(「釣りと音楽」の全記事、更新情報はこちら)

釣りと音楽 検索用メモ帳 NEW
==============

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる