スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ★イカワタdeドボン記事一覧

イカワタdeドボン 記事検索メモ帳

アトランティックな夜 悪徳釣人・両軸屋なみ平でございます。



イカワタdeドボン・・晩秋のカジカ、魚の活性が下がる真冬、普通ならボウズ必至の状況の中でも、魚を探し、しぶとく釣り抜く、私めのメイン釣法のひとつ。


出るアタリの激しさ、釣れる魚の美味しさも魅力のひとつ。


お大寒様が居座る季節には、暗くなった時間お大寒様に、そ~っとイカワタを差し出すのでございます。


 

 

 

 

イカワタdeドボンの釣り、連載記事では十七夜ですが、シリーズタイトルの記事以外にも時々やってございます。


そこで、この度、過去記事を探す場合にお役に立てればと思い、

「★イカワタdeドボン記事一覧」というカテゴリを設定しました。


以降、この記事に新記事のリンクを貼って更新していきますので、

検索など、ご参照くださいますよう、お願いいたます。



(イカワタdeドボン記事一覧)

==========
番外!イカワタでドボン “土用丑の日”の前夜、アナゴの釣果待ちで、お久しぶりね・・私の城下町

イカワタでドボン十九夜 春なのにハードボイルドな冬の釣りでキングスカルピン

イカワタでドボン 十八夜 3週間ぶりの釣りで良型シマソイをブッコ抜き

イカワタでドボン 十七夜 南風の誰もいない海 二人の愛を確かめたくて ・・・春の予感

イカワタでドボン十六夜 大雪が止んだ間隙を縫って釣りましてございます。

イカワタでドボン 十五夜 遂にドボンと撃沈で ロックの釣りは Gypsy in my soul

氷点下15℃ 深夜の激闘 これぞアトランティックな夜の イカワタでドボン 十四夜

イカワタでドボン 第十三夜 今度はソイ・メバルの巣窟で

イカワタでドボン 第十二夜 両軸屋なみ平 今期初ドボン 2投目で撤収するも フッフッフッ・・・!

イカワタでドボン 第十一夜 お大寒様が来襲  準備はぬかりなく

イカワタでドボン 第十夜 お大寒様が再来の夜・・釣りました 

イカワタでドボン 第九夜 爆弾低気圧来襲直前、4月の初釣果は45センチの!!

イカワタでドボン第八夜 春の大嵐の中で巨大カジカが!

イカワタでドボン 第七夜 猛吹雪の 夜が明けたら 今夜はおしまい ←オススメ 

80㎝!悲願達成! なみ平 巨大アナゴ君を釣りました

イカワタでドボン 第六夜 寒風吹き荒ぶ夕刻に

イカワタでドボン 第五夜 腰痛も癒え出撃するも・・ 本命は・・

イカワタでドボン 第四夜 激シブの中、職務質問を受けつつも!

イカワタでドボン 第三夜 4カ所目でようやく

釣りました! イカワタでドボン! 第二夜

イカワタでドボンの季節

ミラクルな日曜日(2)・・・大ハリ・大エサに何が!

念願のバス持ち!・・スピンキャストで並1匹、両軸リールの投げで大1匹・・

重い! またまたブリ抜いた? キングスカルピン

巨大ギンポ  サイズアップ!でも湖と渓流の解禁が待ち遠しい、今>日この頃

ブリぬいた!! キングスカルピン! 

50㎝のギンポ登場!
============



スポンサーサイト

50㎝のギンポ登場!

ここ数日は朝と夕が干潮ですので、釣りには良くありません。

昨日は寒さで萎えましたが、今日は寒いながらも風がない夕方でした。

夕方、いつもの釣りデッキに行ってみると、はるばる百数十㎞も走ってきた方が帰り支度をしていました。


釣果はゼロとのことです。


潮が止まっていて、全く釣れる気配がありません。


少年と母親がちょい投げをしていましたが帰っていきました。


アトランティックな夜


僕は18時から1時間1本勝負です。


水温が低く、ソイ類はどうせ釣れないのは分かっているので・・・


今夜は、最終兵器、イカのはらわた(イカゴロ)がエサです。


シオカラに使う、生臭い、あれです。


ひとつはカゴに入れた仕掛け(写真)、もうひとつは、イカゴロをまるごと孫針仕掛けに取り付けました。


(孫針仕掛けは写真を撮り忘れました)


アトランティックな夜

30~40mほど先の海藻の切れ目に ドボ~~ン!!と投げ込みました。


竿は船釣り用のグラス素材、ムーチングロッドです。フェアウェイという名前で、20年前の竿です。

リールは両軸7000番と6000番。


アトランティックな夜


投げて数分で、6000番のリールを付けた竿にアタリがでました。


小魚が臭いに引き寄せられてイカのはらわたを突っついています。


するといきなり竿が引き込まれました。鈴がリンリンと鳴ります。


合わせると、なにやら強い引き!

ムーチングロッドですから満月を描きます。


引きせて、最後は8メートルの落差をリールでグリグリ巻き取ります。


予想通り、巨大ギンポでした。50㎝前後ありました。


孫針仕掛けのイカゴロを丸呑みしていました。


アトランティックな夜


この魚は、こちらではナガヅカと呼ばれます。投げ釣り師の嫌われ者です。


上品な白身で、天ぷらなど最高ですし、スリ身やかまぼこも美味しい魚ですが、

今夜は、リリースしました。


グラスのムーチングロッドに両軸リール、巨大エサでの投げ釣りは面白いと思いました。


両軸リール6000番はドラグをめいっぱいロックしなければ巻き上げられませんでしたので、


今度は7000番を2セットで行きます。


===============
イカワタdeドボン記事検索用メモ帳
===============

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる