スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ コース・フィッシングをピクニック気分で

9月の初釣果は59㎝

台風10号が過ぎ去って何日も経つのに渓流FFのホームリバーは大増水で泥濁りですが、コイのホームポイントは清流に戻りました。

9月最初の釣りはコースフィッシング。

例年ならサーモンが気になる時期。

でも今年は9月中旬までコイをやるつもり。

いつもと変わらない、印象派絵画のような水面。

河畔は心安らぐ場所。

DSCN2366 - コピー

繁茂した水草は増水で薄くなり魚にはストレス状態。

何処に隠れたのか気配を感じません。

2回ボウズで3回目、ようやくヒット。

DSCN2455 - コピー

59㎝のコイを釣りあげることができました。

清流のコースフィッシングは来週の休日で終了です。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

嬉しい3つの再会を8月のコースフィッシングで

先週の日曜日、半月ほど休んでいた清流のコースフィッシングを再び始めました。

8月のコイは産卵を終えてコンディションが良く、警戒心も強くなります。

そして水草が繁茂するので、魚を掛けてもその中に入り込んで、逃げられることが多いのです。

さて、いつもの場所で、爽やかな真夏の朝の時間を楽しみます。

コピー ~ DSCN2269

投げ込んで1時間、ヒットしたのは48㎝の若コイ。
(僕の場合30㎝~と50㎝未満で区分しています。)

コピー ~ DSCN2266

若コイとはいえ、走るスピードも引きも強く、7月の60㎝クラスと同じ位の釣り応え。

僕は、これまでこのサイズをほとんど釣ったことがありません。

3年前に沢山釣れた30㎝未満のコイ仔はここまで成長していました。

若コイとの再会、大コイを釣り上げるのとは違う嬉しさがありました。

その後、日光が差し込んでくると、魚の寄りが感じられなくなりました。

景色や水鳥を眺めて静かに辺りを待ちます。

すると10数メートル先に、銀色がかったコイが上流から下ってきました。

コピー ~ DSCN2270

この魚は先月、掛けたものの、水中の障害物に釣糸が引っかかって、そこを支点にV字型になってしまい、テンションがかかってハリが外れて逃げられた個体。

コピー ~ DSCN2273

黒ではなく銀色が混じった魚体なので、遠くでハリが外れた様子をハッキリ見ていました。

2つ目の再会は一度逃げられたコイ。いつかは釣り上げて、美しい魚体を間近に見てみたい魚です。


このコイが去ってから、寄りが感じられる様になりました。

竿先近くに、誘導の沈め錘をセットしているので、水底に糸が張った状態なので、魚が触ると弦楽器の弾ける感じが竿先に伝わってくるのです。

既に、投入した寄せの練りエサは無くなっているでしょうから、再投入するよりそのまま待つ方が得策のハズ。

読み通り、ヒットしました。魚は一気に対岸に向かって走ります。

これは大きい!!

これこそ、8月、夏のコイのパワー、3つめの再会です。

ところが、また、水中の障害物に糸が絡んで、ハリが外れて逃げられました。

仕掛けも障害物に掛かって回収できません。

2日後、快晴で太陽の光りが差し込む日中、高い位置から水中を観察すると、水草の中に流木がありました。

コピー ~ DSCN2275

1か月前の大雨で上流から流れてきて、水草に絡んでいたのです。

僕は、メタルジグを何度か投げ込んで、この流木を引っかけて回収しました。

これで一安心。悩みの種がひとつ無くなりました。

いよいよ8月後半、スピニングのセットから両軸リールセットに替えて、激しいファイトをする夏の大コイを釣り上げてみたいものです。

7月のシメは84㎝をコースフィッシングで

7月最後の休日。

渓流FFではありません。早朝のコースフィッシング。

いつものように、サンドウィッチとアイスコーヒーを作って、トラウトも生息する清流のホームポイントでの2日間です。

コピー ~ DSCN1110


火曜日の夜から毎日、雨が降ったり止んだりしていて、土曜日は7月最後の休日。

早朝は雨が止んでいました。

コピー ~ DSCN1109

雨で気温も水温上昇したのでしょう。野山の鳥も水鳥も、コイも元気でした。

始めに69㎝。

1ヶ月前より引きが強くなっていて、目一杯走りました。

コピー ~ DSCN1094

続いて、2匹目、ほぼ対岸まで走られたのに、余裕で写真を撮っていたら・・・

コピー ~ DSCN1095

水草帯に潜られ、何度も逃げられそうになりながらネットインです。

84㎝。重量感が全然違いました。

コピー ~ DSCN1102

これは大満足。

7月のシメとしては上出来です。

雨が降り出した9時に撤収し、付近の渓流の様子を見回って帰宅しました。

1カ所FFがやれそうでした。まあ天候次第ですけどね。

翌日、7月最後の日は日曜日。

気合いが入って未明から出撃です。

コピー ~ DSCN1124

昨夕からの濃霧でホームポイントも霧の中。

幻想的でこれも良い感じ。

明るくなるといつもの景色に。

コピー ~ DSCN1125


昨日の残りエサは8玉。5時開始、8時終了まで丁度良い分量。

この日は、アタリ全く無し。

コピー ~ DSCN1127

その間、ヤマセミが行ったり来たりしていました。

これまでカワセミは見ていますけどヤマセミは初めてで嬉しかった。

終了間際にようやくアタリが出て、キャッチしたのは57㎝でした。

コピー ~ DSCN1131

強引に寄せたので、体力が残っていたのでしょう。

手前のアシの中に潜られて逃げられるところでした。無理は禁物です。

これど終了。寄せ練り玉が2つ残りました。

早い時間帯にアタリが出ていれば残らなかったのですが、持ち帰って冷凍保存しました。

次回、直ぐにキャストできますから・・ムダに捨てることはありません。

さて、来週は・・・、

晴れたら、夏休みで水遊びにやってくる地元の子供達に場所を譲り、僕は休みます。

雨なら出撃かなぁ。


テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる