スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ヌードル・ロッドを使ってみると

お造りの素材を釣りに行きました

この2カ月、自分で釣った魚のお造りを食べていません。


その間でもチャンスはあったのですが、夏にしかできない渓流フライフィッシングや清流のコイ釣り、かば焼きのアナゴ釣りを優先していました。


いよいよ9月、


サケもお造りにはできませんから、サケ釣りが始まるまでに・・


“お造り”を・・・、という思いで、ちょこっと出撃。



真夏は日没直後だけが時合い。




暗くなる前に、まずは、ナイスサイズを1匹。





ところが、この後はチビメバルの猛攻でした。


2時間弱も粘りましたけど、結局これ1匹だけ、お持ち帰りです。




スポンサーサイト

夏アナゴ かば焼きサイズをようやく釣り上げました

台風が過ぎ去っても雨風が続きましたが、ようやく収まってきました。

海はササ濁り程度。

月は下弦。

これは潮回りに関係なくチャンス到来。

日没後、暫くの間、月が昇ってきませんからね。

つまり、時合いには暗闇。

東風がやや強く、世間はお盆休みということもあって、しかも、常連諸氏もお盆休みモード。

誰も居ないホームグラウンドへ、夕ご飯を終えてから、ゆっくりと出撃。

8月後半、北国の夜となれば、気温も下がり、秋めいた雰囲気。

フリースとゴアテックスのパーカーを着込んで、大の字になって居眠りしながらアタリを待ちました。

仕事疲れで、“大文字焼き”のヒトデの姿で仰向けです。

やっぱり、いつものとおり、意識を失います。

でも、鈴の音で目覚めると・・アナゴ。




60センチ弱。けっこう強い引きでした。



本当は65~70㎝あればよいのですけど、

かろうじて、“かば焼き”サイズ。

これまで50㎝の天ぷらサイズばかりでしたので、嬉しい1本。

その後、大文字焼きサイズの巨大ヒトデをヒット。

この夜2回目。



小型両軸リールPenn9Mで、難なく寄せて、ウィンンチでブッコ抜き。

このリールは軽いし、巻きあげのパワーは強いし、侮れない夜のゴリ巻きキャスティングリールだと思います。
メゴチやフサフグなら別ですけど、やわなアンバサダー5000や6000ではちょっと真似できません。

(コイ釣りでも、連日、カメで活躍中ですけどね。)

さて、男の料理・・かば焼き作り。楽しみだなぁ!!

天の川での釣り・・そして50㎝のア○ゴをツーショット

前記事のつづきです。

 ↓

鈴+LED=夜釣りのヒットセンサー 三脚にセットがグッド




今日の仕事は辛かった・・ボロボロの体を引きずってホームグラウンドに行ったのが20時過ぎ。


既に、ほぼ毎日来ている仕事帰りの常連氏や、顔見知りのアングラー達が、竿を出していました。


・・さすが!


僕も早速セット。


疲れているので、道具箱を枕にして、直ぐに仰向けになって大の字になります。


人間発電所ではなく、人間ヒトデ状態。


まだ気温が下がらず暑いので、大文字焼き状態かも・・。


しばらくすると、上弦の月、バナナ君がすぐに水平線の向こうに沈んでいき、僕の視界は天の川の中になりました。


今夜はなんて流れ星の多い夜なんでしょう。


願いがかないそう。


熱帯夜の大都会とは違い、夜風は湿気がなく涼しいので、とても気持ちいいんです。


そして星を見ているうちに、眠ってしまいます。


鈴+LED=夜釣りのヒットセンサーを三脚に付けているから、よけい安心なんですね。





そして、隣の常連氏に起こされました。


鈴がジャランジャラン鳴るアタリがあったんですって。


寄せてみると50㎝のアナゴ。






ヒトデ付きだったので、大物かと思わされました。




常連氏の話では、僕はイビキをかいて熟睡していたとのことです。


これじゃあ、鈴の音も聞こえるハズはありません。


睡眠とこの1匹で疲れも取れました。


起こしてくれた常連氏は「こんどはアナゴに起こしてもらいなさい。」と言って撤収しました。



また、僕は天の川を見てアタリを待ちます。


ところが、またウトウトと眠気がさしてきました。


でも、鈴の音はしっかり聞こえます。


同サイズのアナゴを釣り上げ、2匹目。




僕の8月最初の釣果は、


天の川の中で・・


ウェーディングじゃなくてスリーピングでツーショット。


アマゴじゃなくてアナゴですけどね。


今回は嬉しい釣りになりました。


もう一人の常連氏は、さらに大きくて太い、ナイスサイズを釣り上げています。


今期初モノ、おめでとう。願いがかなったね。




最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる