スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ マイ・ボート・フィッシングの思い出

深海の魚 メヌケとタラを釣り上げたカレイ竿


アトランティックな夜

アトランティックな夜


写真は、リョービ プロセクション船240-30号、かなり古いカーボンロッドです。


マイボートの釣りは、手前船頭なので、船の上で釣り具を取り替えるようなことはしません。


単独釣行の場合・・・

船の両側に1本づつ、同じ竿2本を持ち込みます。その他に深海用の竿1本、合計3本です。


6:4調子の一般的な船竿で、30号表示の竿は、こちらでは、浅場の釣り、カレイ・アイナメ類などの標準ロッドです。


僕が釣りに行く海は潮が速いので、水深の2倍の数値の号数の錘が必要です。

スムーズに曲がる、出来の良い、この船竿は、錘負荷の幅が意外に広いので重宝します。


この竿で20号から最大120号錘を使い、水深80m位まで使いました。


春、桜が終わり、海明けとなった頃から、天候や風も安定して、マイボートのシーズンが始まります。


雪解け水が流入しており、海底はまだ初春といったところです。


その頃に、いつもの根回りまで航行する途中、ボウズ逃れのためにカレイ仕掛けにイソメを付けて、30m位の玉石の海底に投入しました。

するといきなり強烈なアタリ。この竿が根元から曲がります。

ようやく釣り上げたのは、なんと深海に住むはずのタラでした。

50㎝とやや小型ですが浅場で、しかもカレイ竿で掛けるタラの引きは強烈です。



アトランティックな夜


釣り上げてから移動開始。

いつもの根回り(水深25m~35m)に到着して、今度はサンマのぶつ切りを付けて投入

ソイ狙いです。

ところが、今度は深海の魚、メヌケが釣れました。35㎝と大きくはないのですが、これも驚きました。

釣れたメヌケはクロメヌケと呼ばれ、赤いメヌケの仲間ですが、ちょっとグロテスクな模様です。


味はさすがにメヌケ、刺身、焼きモノ、煮付け、鍋、絶品でした。



アトランティックな夜


北国では、深海の魚が、真冬の間には結構な浅場に来ていることを初めて知りました。

まさに以前の記事で紹介した映画、「シッピングニュース」の世界です。

http://ameblo.jp/namiheifish/entry-11175719117.html


関東ではタラは水深300m、コウジンメヌケは1200mと聞きます。

1500~2000mのPEを巻いた、巨大で高価な電動リールを使うそうです。


こちらの遊漁船では、

クロメヌケやタラは普通、水深100~120m、

バラメヌケは200~300m位、

(真っ赤な超高級魚)コウジンメヌケは600m位のところで釣ります。

使う電動リールも中・小型です。



  バラメヌケ                      コウジンメヌケ 

アトランティックな夜 アトランティックな夜

スポンサーサイト

東北のカレイ用天秤 旗振り仕掛け?


アトランティックな夜

アトランティックな夜
アトランティックな夜


赤旗と白旗を持って、


赤上げて、白上げない、・・・赤下げないで、白上げる・・・などというかけ声に合わせて旗を上げ下げするゲーム。


大昔のテレビ番組でやっていました。


これで笑っていたのですから、おおらかな時代です。


さて、10数年前ですが、東北地方で使われているという、変わった天秤を手にしました。


名前は忘れましたが、写真のようなモノです。


錘を着底させて、錘を底から離さない程度に、釣竿を上下させると、天秤のアームが旗振りのように上下します。


ハリスは5~10㎝位と短めにして、釣り針を左右に2本づつ、さらに欲張る場合、錘を止めているピン(緑色の部分)にもう1本、最大5本取り付けることができます。


海底の砂の中に隠れているカレイなどの根魚はひとたまりもありません・・・・

・・・という、うたい文句の天秤です。


針は左右2本にして、左右のアームの中央には、シルバーやレッドのレインボーシートが貼り付けられた、小さな集魚板を取り付ける場合もあります。


釣りとしては、その方が面白いですね。


船竿を小突いて、アームを上下させて、旗上げゲームをしながら、カレイを釣る訳です。


「マニアックな釣り」とはほど遠い、お笑い番組的な天秤、旗振り仕掛けです。


1000円近くしました(笑)。



GPSはボートの必需品

アトランティックな夜



10数年間使い込んだ古いGPSです。


マイボートを始めたばかりの頃、そんなに沖まで行かないので、魚群探知機とコンパスがあればGPSは必要ないと思っていました。


ある夏の曇りの日、娘と岸から数百m程度の海に出た時の事です。


海岸に霧が発生し、岸が見えなくなりました。


どちらが出航した港の方向なのか 判らなくなりました。


幸い、瞬間、山が見えて、岸の方向が判り、港の近くに戻りました。


霧で巻かれたところは、気流のせいで、いつも筋状にその場所だけ霧がかかる所でした。


その秋、僕はこのGPSを購入しました。


外部アンテナも取り付けてみましたが、本体内臓のアンテナで十分だったようです。


釣りのポイント(根)や、出港地までウェイポイントは200以上メモリー出来ます。


魚群探知機との併用で、釣果も、座礁や定置網を避ける航海も、確実なものになりました。


突然の風雨や霧の中、このGPSを頼りに、海の上、一人で、命からがら帰港したことは数回あります。


その後、マップ付きで、高精度のGPSも出回り始めましたが、このGPSを使い続けました。


高い買い物ですから、そう簡単に買い換えできません。


これからは、ボートの釣りは湖だけになるかも知れませんが、大きな湖の場合には必須の装備だと思います。


バッテリーからも、乾電池からも電源が利用できる、このGPSは大切に使い込んでいきたいと思います。


遭難すれば、捜索ヘリコプターのチャーターだけで1日60万円、総額300万円はかかります。


プレジャーボートの購入費用どころではありませんから・・・。



最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる