スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ ルアーフィッシングは脱力系で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渓流FF日和なのにメバル釣り

激流のFFで壁を乗り越えた翌日の夕方は久々に晴天で海はナギ。

渓流FF日和ですけど、FFは止めて、メバル釣り。

お造りサイズ30㎝以上を2本が目標。

日没時にはナブラも見え、期待感が高まります。

コピー ~ DSCN0650

渓流FFのような緊張感があまりなく、まったりとキャスト&リトリーブ。

これも悪くありません。とは言え真剣ですよ。

ところが・・激シブの日で、小型のリリースを繰り返し、何とか尺を1本キープできました。

コピー ~ DSCN0652

そろそろ、底を探る時期が来たようですね。

スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

T氏との再会、そして尺メバル連発


5月に入って、ようやくこの季節らしい日。

コピー ~ DSCN0384

そして久々にナギの夕方。

僕の投げ釣りホームグラウンドは地元のアングラーで混み合っているようなので、スルーしてメバル場所に行ってみることにしました。

お弁当を作ってもらって出撃。

うっすら曇った夕日を眺めながら・・

コピー ~ DSCN0382

まずは、お弁当。

おにぎりの他、スウェーデン風ミートボールが入っていました。

イケアでも食べることができるアレですけど、アレは冷凍食品。

コレは妻の手作りね。

コピー ~ DSCN0385

予定通り、19時頃から時合い。

海藻の切れ目をリトリーブすると・・、

コピー ~ DSCN0389

1匹目から尺メバルでした。

コピー ~ DSCN0396

今夜は良さそう。

そこへ、アングラーが一人やって来ました。

4年前と3年前に1回づつ釣り場でお合いした、T氏です。

T氏はスピニングでナイスサイズ、尺。

コピー ~ DSCN0404

T氏はロックフィッシュのトーナメントで活躍。

最近は渓流トラウトやブリのジギング、大鯉釣りにもハマっているらしい、若いマルチアングラーです。

その後、尺越えを4本も釣り上げていました。さすが!

27~29㎝クラスは、2人でバンバンと釣り上げてはリリース。
(食べる分だけキープです。)

コピー ~ DSCN0399

この夜は、久々に贅沢で快心のメバル釣りでしたよ。


テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

5月2日 粘るメバル釣りでキッチリ

GW期間の休日、僕は釣りには行かず雑用が恒例。

仕事も暦通りです。

で・・5月2日の平日は仕事帰りに出撃しました。

若潮ですけど、18時の干潮からゆっくりと潮位が上がっていく潮回り。

南風の予報だったのに、冷たい東風でした。

DSCN0198 - コピー
 
1週間前に苦戦していたので、常連氏と事前に情報交換すると、活性の高い時と低い時の差が大きいとのこと。

今回もあまり期待できません。

案の定、日没直後のアタリは散発的でした。

2本釣り上げてからはアタリがピタリと止みました。

DSCN0204 - コピー

そこへ4名の定連氏一行がやってきて小1時間ほど。

ナイスサイズのメバルを1匹釣ったものの、アタリもないのでから撤収していきました。

本命はメバルではなくソイなのです。
(これは地元の定連氏ならではの余裕の釣りですねぇ。)

その間、僕もアタリ無し。

僕は粘って時合いを待ちます。

1時間に1回位、ほんの僅か活性が高まる感じ。

どうしてかというと、1時間おきに2~3回小さなアタリが出て、2本続けて釣れるから

こんな時でも僕は、繊細な細糸タックルと小型ルアーは使いません。

結果、24時近くまで粘って、尺超えは出なかったけれど、27~29cmのメバルを8本キープしました。
(ソイ・メバル釣りでは、普段はMAX6本キープで終了ですけど・・)

DSCN0206 - コピー

ネバルメバル釣りでキッチリ釣り上げて凱旋帰宅です。これは上出来。

この時期のメバルは抱卵していているため、身がやや柔らかめなので、3日ほど熟成後、昆布シメのお造りや粕漬けで身をしっかりさせてから、美味しく味わいましたよ。

DSCN0275 - コピー

DSCN0222 - コピー

明日からの休日・・GW中盤は、雨予報。

心穏やかに・・また雑用かなぁ~。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる