スローアングラーズライフ ~atlantic night tales~ 

6月の釣りも素敵なあなたスチールヘッドで Bei Mir Bistu Shein


ブログ更新、またまたサボってしまいました。で・・、6月分をまとめて。
サボったのは釣りに行き過ぎで個別に記事を書くヒマがなかったからということにしておきましょう。
記事の初めは、お約束の音楽。
1930年代に書かれた曲で、今でも歌い継がれるスタンダード曲でスイングジャズの定番。
1930年代のベニーグッドマン楽団と専属歌手の伝説のライブが素晴らしいけれど、
記事では、やっぱりアンドリューシスターズの歌唱でグレンミラー楽団。

Bei Mir Bist du Schon - The Andrews Sisters


===========
僕のテキトー訳(女性バージョン)
===========
(バース 一部)
Of all the boys(girls) I’ve known, and I’ve known some
Until I first met you, I was lonesome
And when you came in sight, dear, my heart grew light
And this old world seemed new to me
ボーイフレンドならたくさんいるけど
あなたと出会う会うまでは、実は孤独だった
でも、初めてあなたの姿を見てから、心に光が灯って
それまでの世界が、新しく見えるようになった

(コーラス 一部)
Bei mir bist du schön, please let me explain
Bei mir bist du schön means that you’re grand
Bei mir bist du schön, again I’ll explain
It means you’re the fairest in the land

Bei mir bist du schön  を説明させて
Bei mir bist du schön  あなたが素晴らしいっていうこと
Bei mir bist du schön  もう一度説明させて
この世の中で一番素敵だっていうこと

I could say “Bella, bella”, even say “wunderbar”
Each language only helps me tell you how grand you are
I’ve tried to explain, bei mir bist du schön
So kiss me and say you understand
イタリア語で“Bella, Bella”とか、ドイツ語で“Wunderbar”って言うこともできるけど
どの言葉でも、あなたが素敵だって言える
だから Bei mir bist du schön の意味を分かってほしい
そして、キスをして 分かったと言って
=============

さて本題、5月最終日にスチールヘッドを釣り上げて火がつきました。
時系列に書くとキリがないので、場所別に。
まずは近所の小河川。昨年8月の台風で川の流れが変わって、僕のポイントも砂で浅くなっていました。今年は苦戦の予感。
DSCN2985 - コピー

それでもなんとか、ヤマメ、無斑点レインボウの姿を確認。
DSCN2987 - コピー

DSCN2993 - コピー

6月中旬、大雨が降り始めた夕方には、一つの場所で小1時間。なんと10匹以上も掛ける大釣りも。もちろんリリース。
近所の小河川では初体験です。

ホームリバー、中上流部の鉄板ポイントでも30cmサイズを掛けました。
DSCN3040 - コピー

ホームリバー中下流部の難しい場所では、毎回、終了土壇場で小型ニジマス1匹と苦戦し続けますが、うち1回はスチールヘッドを掛けました。5月の魚より一回り大きく、銀ピカ。
海から遡上してきたばかりの個体です。

DSCN3009 - コピー

雨が降っても濁らない近く山岳渓流には雨の上がりの夕方に1回。
水量の少ない川ですけど30cmくらいのニジを掛けました。

DSCN3027 - コピー


雨や雨後の日はソイ釣り。
DSCN3088 - コピー

3年ぶりに40㎝オーバー。44㎝をブッコ抜きました。

DSCN3097 - コピー


これで、踏ん切りがついたので、僕の夏の本命場所、中規模河川下流部の鮠ケ渕に通い始めます。
この場所は一度雨が降ると濁りが1週間近くも取れないので、雨の多かった6月は川が澄んだら直ぐ出撃。
3日連続の鮠ケ渕。海からすぐ近くの大きなプール。

DSCN3057 - コピー


初日はいきなり50㎝級のスチールヘッドを掛けて、一気の走りと大ジャンプで逃げられました。ギンピカの姿に感動です。

写真は撮れっこないのでこんな動画でイメージ・・真央ちゃんの大ジャンプ



掛けることができてファイトの感触を得ただけでも、まずは大満足。

そのあと、粘って30㎝のチビスチール。1年海で暮らした個体。
DSCN3114 - コピー

僕の住む処ではレアなアメマスも!
DSCN3052 - コピー

あと44㎝の遡上ウグイ。2日目も35㎝。
DSCN3062 - コピー2

3日目は、夕方にエゾ鹿が川を渡っていました。
DSCN3129 - エゾジカ


そして真っ暗になってから42㎝の遡上ウグイ。シビアな場所なので、これでも上出来です。

気が付いたらもうすぐ7月。6月最終の休日から清流コイ釣りを始めるも1回目はボウズ。2回目に1ヒット。川底の流木に入り込まれて逃げられました。

スチールもコイも8月までがシーズンなのですが、7月はスチールがメインになります。
いろいろな魚を釣ってきたけれど、2年前にスチールヘッドに出会って、今ようやく分かりました。君が一番素敵だってことが・・。

そして、釣りをしているときの僕の鼻歌、レパートリーがまたひとつ増えたのです。

Bei Mir Bist Du Shein - Dani Sicari & The Easy Rollers


読者の皆様も、それぞれお好みの、「素敵な魚」に出会い、
釣り上げることができますように・・。
ウンダバー!
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

5月の釣りはスチールヘッドをJAZZスキャットでLover comeback to me


わっはは!
この4月に、半年ぶりにブログ記事投稿を再開したばかりなのに、また1か月休んでしまいました。
そこで5月をまとめて。

ブログを長期間休んだのは、11月に完成した秘密基地での暮らし。ホームバーとホームシアターで冬はミステリードラマ三昧。
あとはJAZZのDVD動画。

コピー ~ DSCN2750

11月に、超レアなビンテージタックルで釣り上げたカレイも記事にしませんでした。

DSCN2755 - コピー

4月末からはJAZZカラオケにハマりました。ウィンドウズ10のPCでカラオケ@DAM。
55インチディスプレイに5・1chスピーカーをセットしてを歌いまくりです。

DSCN2903 - コピー


14~15の頃から聴いていたJAZZスタンダード曲ばかり。リズムもアドリブも結構体に染みついているので、20曲以上、自分流にフェイクして歌うと、もうご機嫌。
釣りどころではありません。
こんな竜宮城で、ふと気が付いたら5月も終わりに近づいていました。
これじゃいかん!
今春期、最後のメバル釣りに出撃。尺超えの連発。これでふんぎりがつきました。

DSCN2940 - コピー

5月下旬になって、ようやく、渓流FFを開始。
ホームリバー中流部の大渓流。5月23日のイブニングで今期初のFF。

DSCN2926 - コピー

まずは、腕慣らし。余裕でスタンダードサイズ25~30㎝前後を連発。

DSCN2924 - コピー

翌24日、仕事帰りに近所の小河川で1時間ほど渓流FF。

DSCN2930 - コピー
15㎝強の小型レインボウを2匹釣りあげました。
うち1匹は、海に降りる準備ができた、銀毛化(smolt)した個体です。

DSCN2929 - コピー

29日はホームリバー中流部。ホームポイントですが、今年は、この場所はこれで最後の想い。

この間、難曲 Lover comeback to meを練習していました。
なにせ、サビとエンディングに英単語がぎっし詰まっていて、初めは、しどろもどろでした。
これじゃ原曲のまま歌うだけでも難しい。アドリブフェイクどころではありません。

サビはクリアーしたものの、エンディングがうまく歌えないのです。

Patti Pageとザ・ピーナッツを聞きながら練習、練習





歌詞は名曲なのでご存知かもしれませんが、お約束で、僕のテキトー訳
============
(メイン)
Sky was blue and high above The moon was new, so was love
This eager heart of mine was singing Lover, where can you be
空は青くとても高かった 
新月がやってくるように恋心も生まれ
私のこの熱い心は歌っていた
恋人よ、どこにいるの・・と

It came at last love had its day The day is past, you've gone away
This eager heart of mine is singing Lover, come to me
ついにあなたが現れて、過ごした愛の日々
その時は過ぎ、あなたは去っていった
私の痛んだ心は歌っている
恋人よ、戻ってきて・・と

(サビ)
I remember every little thing you used to do
So I'm lonely
Every road I walked along I walked along with you
No wonder I am lonely
あなたのどんな些細なしぐさをも
思い出すたびに孤独を感じる
あなたと一緒に歩いた道、その全てを歩いてみると当然だけど、私は独り

(エンディング)
The sky is blue, the night is cold The moon is new, but love is old
And while I'm waiting here This heart of mine is singing
Lover, come to me
空は青く、夜は冷たい
また新月がやってきたけれど
あの恋は過去のものになってしまった
私はここで待ちながら、その心は歌っている
恋人よ、戻って来て・・と
===============

そして5月最終日31日は、ホームリバー下流部で1時間ほど。

難曲を鼻ずさみながらポイントに向かうと、音を外しっぱなしだったエンディングがなぜか快調。なんだかいけそうな気がしてきました。
ところがFFの方は小型のバラシ連続でねばりました。
最後は、ノンウェイトのニンフに替えて表層を流します。
そして掛けました!
長~いやりとりの末、なんと44㎝のスチールヘッド。
2~3年海で暮らした4~5年魚。

DSCN2958 - コピー

昨年、通い詰めた、某中規模河川で2か月通って最後に掛けたのに、一発で切られた、スチール。
まさにLover, come to me の瞬間です。

ところで、気が付いたのですが、この曲の(メイン)部分を自分なりにフェイクしていたら、坂本九の「上を向いて歩こう」のメロディーになっていました。
作曲はJAZZピアニストの中村八大。曲想やコードとかも似ていて、ラバカンの伴奏でそのまま歌えちゃいます。

JAZZスタンダード曲って物真似じゃなくて自分流に歌えるから良いよね。釣りも同じだと思います。

さて北国の田舎暮らし、最高の季節が始まります。僕は8月まではスチールヘッドのFFをメインにやっていきます。渓流がダメな時には、時々、定番のコイ釣りや投げ釣りも・・。

記事の締めは Barbra StreisandとBillie Holidayで!




釣りもJAZZカラオケもスウィングしなけりゃ意味ないからね。

DSCN2905 - コピー

ブログをご覧くださった皆様も自分流Swingで Lover, come to me な・・良い釣りを!

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

釣りとブログ再開!・・春一番はいつもの魚達で快釣の福寿魚

3月末になって福寿草が咲き始めました。

フクジュソウ(2)

ブログ更新を休んで6か月、釣りも5か月ほどご無沙汰ですが、ムズムズしてきたので、

3月末から4月上旬にかけてソイ・メバル釣りに出撃しました。

いつも変わらない、美しい夕暮れに感動。

DSCN2776(2).jpg

潮回りの関係で時合いは、日によって変わり、19時過ぎから24時過ぎの間に1時間程度。
星空が美しい。(下の写真はイメージです)

DSCN2785 (2)

3月の夜は氷点下5℃まで下がるのでスピンキャストのセットで・・。

メバルは尺クラス。

DSCN2782(2).jpg

2年ぶりにシマソイの尺上も1本。

DSCN2789(2)2.jpg

4月からは少し気温が上がったのでベイトリールで。

尺超えのメバル

DSCN2816(2).jpg

尺前後のクロソイ。

DSCN2813(2).jpg

復帰の釣りとしてはまずまずの出来でしたね。

春告魚・・福寿魚達に感謝。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる